スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石工場

siraisi3.jpg

吾桑のシンボルといえば、桑田山、桜川にならんでの
建築物(?)部門では、文句なしの
白石工場でしょう。
山の斜面にそってたつ工場は
もともとは、この斜面を利用した水力発電所だったらしいです。
siraisi4.jpg

須崎の子供なら一度は写生にきたことがある白石工場。
ホント、どこをとっても絵になります。
かくいう管理人Oも白石を書いて
子供県展で2回特選いただきました

そして、最近「工場萌え」やら「廃墟萌え」の人々も多く
管理人の東京の友人も、四万十川より大阪セメントや
白石工場をよろこんでおりました...
夜は明かりに白い工場の外観がうかんできれいですよね。
高知から列車で帰ってくると、「吾桑にもどってきた」って思いません?

siraisi.jpg

そして意外と知られていないこの建物。
工場の入口付近にある、ピンクの外観の洋館ですが
かつての迎賓館だそうです。
現在は職員さんの休憩室などとして使用されています。

siraisi2.jpg

丸窓や出窓が可愛い外観ですが、中も可愛いのです。
ちょっとしたカフェならオープンできそう!?
白石工場には、このようにレトロな歴史ある建物が
まだいくつかあります。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

むかしむかし

むかし『内田』という朋友(ぱんゆう)がいて、その迎賓館に行ったことがある。それは立派なり。田舎ものは"たまげた?!

No title

>桑田山のおじい さん
前にウォーキング踏査の時に中を
見学させてもらいました。
今はなかなかレトロでオシャレなかんじですね!アンティークの家具置いたりして
カフェやったら、流行そう!?

No title

白石工業って私も萌です。夜、汽車から見える白石工業はもうそれは、魔法の工場のようで、そのままでトリップできそうな、雰囲気で大好きです。

こんなに写真がとれる場所があるなんて知らなかったです。

どこから入っていくのかしら?
あの佐川への道へ入っていく手前の右側の所ですか?

No title

>ホゲットさん
白石工業の事務所から工場の私道を通ると、線路近くの集落に出るんです。
そこからだと、汽車から見える工場と同じものが見えるんですよ~。
写生は大抵ここからしましたね!

そうそう、手前右側から入りますが
平日はダンプが通るので
怖いですね~。まぁ、散歩がてら歩いてもいい感じですよv

彼の職場だったので興味深く覗いてみました(^.^)こんなレトロな建物もあったんですね♪知らなかったな~(笑)今度、彼に聞いてみよう(笑)
プロフィール

asoukou

Author:asoukou
吾桑の紹介、情報、お知らせ、日記などを
公民館館長と管理人Y、Wがお届け中。

カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。